ジャパンカップ 2010年

第30回 ジャパンカップ 2010年

30回目を迎えた2010年のジャパンカップ。単勝1.9倍と圧倒的な1番人気に支持されたのはブエナビスタ。前年2009年の桜花賞、オークスの2冠を制した牝馬の強さは、2010年も健在だった。春シーズンはヴィクトリアマイルで優勝。そして秋初戦となった前走の天皇賞(秋)も牡馬たちを寄せ付けずに快勝した。休養明け初戦という不利すら感じさせない強い内容の競馬だっただけに、この単勝1.9倍という評価も、誰も疑問には思わなかった。

ハナに立ってレースを引っ張りたい馬がいない中、シンゲンが押し出されるような形で逃げる展開に。1000メートル通過60秒7は、それほど緩い流れとは言えないものだっただろう。この段階で、時計のかかる競馬が理想の外国勢には苦しい展開となった。直線に入り、シンゲンに代わって先頭に立ったのは、皐月賞馬ヴィクトワールピサ。ラチ沿いを粘り込む姿勢を見せる。外からローズキングダム、そして更に外からブエナビスタが飛んできた。内のヴィクトワールピサを交わすと1馬身3/4差をつけて、先頭でゴール板を駆け抜けた。その後ろでは、ヴィクトワールピサとローズキングダムの2頭が並んでゴール。写真判定の結果、ローズキングダムがハナ差で先着となった。

しかしレース後、大騒動が持ち上がる。掲示板には「審議」の文字が、表示される。20分以上経過しても、なかなかレースが確定しない。その長い審議の結果、1位入線のブエナビスタはローズキングダムの走行を妨害したとして、第2位に降着。ローズキングダムが繰り上がりで、優勝となった。

審議に長い時間を要したこと、レース自体はブエナビスタの強さばかりが目立つ結果だったこと、更にはブエナビスタの鞍上を務めたクリストフ・スミヨンなどの外国人騎手による騎乗法の粗さなど、後々まで様々な議論を呼ぶレースとなってしまった。30回目という節目のジャパンカップは、そんな後味の悪さばかりが印象に残るレースとなった。


このエントリーをはてなブックマークに追加