ジャパンカップ 2000年

第20回 ジャパンカップ 2000年

2000年のジャパンカップで1番人気に支持されたのはテイエムオペラオー。前年1999年の皐月賞馬は、この2000年に更なる進化を遂げた。2月の京都記念に始まり、阪神大賞典、天皇賞(春)、宝塚記念、京都大賞典、天皇賞(秋)と6連勝。特に距離短縮、外枠など、不安材料が多かった前走の天皇賞(秋)の勝利は、陣営に大きな自信を与えた。1.5倍という単勝オッズは、その信頼の現れと言えるだろう。

国内には、テイエムオペラオーの「敵」となるべき存在がいない。破るとすれば外国馬だろう。そのような形で2番人気に支持されたのは、イギリスのファンタスティックライトだった。2000年のマンノウォーステークス。鞍上はランフランコ・デットーリ。名手の手綱捌きでテイエムオペラオーに迫れるか?

レースは、ステイゴールドがハナに立ってレースを引っ張る形に。1000メートル通過は63秒0。かなり緩い流れとなった。直線に入っても粘る姿勢を見せるステイゴールドだったが、後ろには決め手のある実力馬が揃っている。馬群の中央から、やはりテイエムオペラオーが伸びてきた。その内側からメイショウドトウが懸命に追いすがる。そして、外からファンタスティックライトが伸びてきた。この3頭の叩き合いはゴール板まで続く。しかし内のメイショウドトウも、外のファンタスティックライトも、テイエムオペラオーを交わすことが出来なかった。テイエムオペラオーが先頭でゴール、鞍上・和田竜二の手が上がる。クビ差の2着にメイショウドトウ。そのメイショウドトウとはハナ差3着に敗れたのが、ファンタスティックライトだった。

ゴール直後、デットーリが馬上から和田竜二に手を差し出す。二人はハイタッチを交わした。その様子はデットーリが「お前の馬、強いよ」と言っているようにも見えた。世界の名手が認めたテイエムオペラオーの強さは、後にファンタスティックライトが次走の香港カップを優勝したことで、改めて証明された。カイバが細く、輸送に不安があるということで、海外遠征は行わなかったテイエムオペラオーだが、もし海外に行っていたら・・・。この年の競馬を見て、そんな事を思ったファンは少なくなかった。


このエントリーをはてなブックマークに追加