ジャパンカップ 1990年

第10回 ジャパンカップ 1990年

1990年のジャパンカップで、単勝1番人気に支持されたのはイギリスのベルメッツ。この年のキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスの勝ち馬である。

2番人気はオーストラリアのベタールースンアップ。コックスプレート、マッキノンステークスのG1レース2連勝を含む4連勝の形で来日してきた。G1はこの2つを含む6勝を挙げている実績馬だ。

3番人気はイギリスのカコイーシーズ。この年はアメリカに遠征し、ターフクラシックを勝って、G1初制覇を果たしている。

レースは日本の宝塚記念優勝馬、オサイチジョージがハナに立ってレースを引っ張る形となった。スタイリッシュセンチュリー、プティットイルと外国馬がそのオサイチジョージに続く。1000メートル通過は60秒2。それほど速い流れではない。4コーナーから直線へ。末脚勝負の展開となった。

先に馬群から抜けだしたのは、カコイーシーズだった。このカコイーシーズに外国馬2頭が襲いかかる。ベタールースンアップ、そしてフランスのオード。この3頭が横一線での叩き合いを演じた。この3頭がタイム差なしで並んでゴール。写真判定となった。その結果は1着ベタールースンアップ、、2着オード、3着カコイーシーズの順。1・2着、2・3着の差はいずれもアタマ差だった。

ベタールースンアップはこれでG1レース3連勝を含む5連勝。この活躍が評価されて、1990/1991年のオーストラリアにおける年度代表馬となった。また、オーストラリアの馬がジャパンカップを制したのは、これが初めてのこととなった。日本勢はホワイトストーンの4着が最高。復活が期待された最後方からの競馬を試みたが、オグリキャップは11着と大敗。ファンはまたため息をつく結果となった。


このエントリーをはてなブックマークに追加